浜名湖産直マーケットTOP> 読みもの・特集一覧

コラム

血圧に効く?うなぎの栄養素とその健康への効果、注意点まで詳しく紹介

血圧に効く?うなぎの栄養素とその健康への効果、注意点まで詳しく紹介

 
うなぎは美味しさだけでなく、その栄養価にも注目すべき食材です。本記事では、うなぎが持つ豊富な栄養素がどのようにして血圧を下げるのかを解説するとともに、その他の健康効果や食べる際の注意点についても詳しく紹介します。疲労回復や免疫力向上など、うなぎによるさまざまな健康効果で、健康維持や生活の質向上に役立ちますのでぜひチェックしてみてください。
 
 

はじめに

うなぎは、その脂質の多さで知られる美味しい食材ですが、実は健康にも様々な良い影響を与えることが科学的に示されています。特に血圧管理において、うなぎの持つ栄養素がどのような役割を果たしているのか、その科学的根拠とともに詳しく見ていきましょう。また、うなぎの成分がいかにして血圧を正常化するかについての具体的な例や、関連する科学研究に基づく数値を深く掘り下げて解説します。
この記事では、うなぎが持つ栄養素がどのように血圧に影響を及ぼすのか、その他の健康への効果、そしてうなぎを食べる際の注意点について詳細に説明します。さらに、うなぎの栄養素を日常の食生活にどのように取り入れることができるか、またその際の具体的な注意点や適切な量を科学的見地から解説していきます。
 
 

うなぎとは

 

 

うなぎの種類と特徴

・ニホンウナギ
脂の乗りが良く、日本の料理で広く利用される。生息地は日本、東アジア
・マレーウナギ
日本で利用されることもあり、脂が少なくほっそりとしている。生息地は東南アジア一帯
・ヨーロッパウナギ
脂が少なめで淡泊な味わいが特徴。生息地はヨーロッパ全域
 

市場での種類ごとの見分け方

ニホンウナギは脂ののりが良いので、体全体がしっとりしており光沢がある。マレーウナギはやや細長く、ヨーロッパウナギはよりスリムで色が暗めの傾向があります。
 

うなぎの生態

うなぎは、生涯にわたって異なる環境で成長することが知られています。産卵のためには、成熟したうなぎが深海へ旅をする一方で、成長の多くの期間を河川や湖で過ごします。
 

生活サイクル

初期段階: 海でシラスウナギとして生まれる
若魚期: 川上へと移動し、食物を追いつつ成長する
成魚期: 川や湖で主に生活する
産卵期: 生命の終わりに深海へ戻り、産卵する
 

環境への影響

うなぎの生態系は、水温、水質、それに漁獲圧といった外的要因に大きく影響を受けます。河川の開発や気候変動がうなぎの生息環境に影響を与え、その数を減少させる可能性があります。
 
 

うなぎの栄養素と血圧に対する影響

 

 

うなぎに含まれる主要な栄養素

・栄養素
ビタミンA 230μg
ビタミンE 1.5mg
オメガ3脂肪酸 1200mg
DHAとEPA 合わせて1000mg
タンパク質 18.4g
 
・効能
視力の維持、肌の健康に効果
抗酸化作用で細胞の健康をサポート
心血管系の健康を促進
脳機能の向上と心疾患予防
筋肉の修復・再生
 

これらの栄養素が血圧に及ぼす効果

うなぎに豊富に含まれるDHAやEPAは、血中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を下げ、良好な血液循環を助けます。これによって、高血圧のリスクが減少し、既存の高血圧の症状の改善が期待できます。また、オメガ3脂肪酸は体内の炎症を抑える作用もあり、循環器系の病気予防に役立ちます。
 
更に、うなぎのビタミンAとビタミンEは抗酸化作用があり、これにより自由ラジカルの発生を抑え、体の細胞を保護。健康な血管を維持することで、高血圧を予防する助けとなります。
 

具体例としての血圧に対するDHAの影響

DHAは血小板の凝集を抑制し、血液をサラサラにすることで血圧を自然と下げる効果があります。実際に、DHAを日常的に摂取することで、血圧が高い人の数値が改善するケースが多数報告されています。
 

オメガ3脂肪酸の炎症抑制効果について

慢性的な炎症は、高血圧や心臓病のリスクを高める原因となります。オメガ3脂肪酸には、このような炎症を抑える効果があるため、循環器病の予防に有効です。
 

ビタミンEの抗酸化作用と血圧への効果

ビタミンEは強力な抗酸化作用を持ち、血管壁のダメージを防ぎつつ、血圧の正常化を助ける効果があるとされています。高血圧患者においては、ビタミンEを含む食事が推奨される理由の一つです。
 
 

うなぎが持つその他の健康への効果

 

 

免疫力向上

うなぎには、免疫力を高める栄養素が豊富に含まれています。特に、ビタミンAとビタミンEは強力な抗酸化作用を持ち、体内の自由基を無害化することで細胞のダメージを防ぎ、健康な免疫システムの維持に寄与します。さらに、うなぎの脂肪部分に含まれるオメガ3脂肪酸(EPAおよびDHA)は、炎症反応を調整し、アレルギーや自己免疫疾患のリスクを低減する効果も期待されています。これらの栄養素は風邪やインフルエンザの予防にも役立つと言われています。
 

疲労回復

うなぎはビタミンB1をはじめとするビタミンB群が豊富で、これらは疲労回復に効果的です。ビタミンB1は糖質のエネルギー変換を助け、身体の疲れを感じにくくします。また、アミノ酸の一種であるタウリンも豊富に含まれており、これが肝機能の向上を助け、体内の老廃物を迅速に除去することで、一日の疲れを効率的にリセットします。
 

美肌効果

うなぎに含まれるビタミンAは、皮膚の健康を支える重要な役割を果たします。ビタミンAは新しい皮膚細胞の形成を促進し、肌の若返りに貢献。更に、うなぎの脂肪分に多く含まれるオレイン酸は、皮膚のバリア機能を強化し、外部刺激から肌を保護します。これにより、肌荒れや乾燥を防ぎ、しっとりとした健康的な美肌を保つことができます。
 
 

うなぎを食べる際の注意点

 

 

過剰摂取のリスク

うなぎは栄養価が高く、多くの健康効果が期待されますが、過剰摂取はさまざまな健康問題を引き起こす可能性があります。特に高カロリーと高脂質の特性が、高血圧や心臓病、肥満のリスクを高めることが懸念されます。
 
・栄養素
カロリー 約450kcal
脂質 約25g
たんぱく質 約40g
 
・摂取上の注意
一日のエネルギー摂取量を考慮し、適量を守ることが重要です
脂質の高い食事はコレステロールの上昇を招き得るため、他の食事の脂質量と併せて管理が必要です
たんぱく質は適量が重要で、過剰摂取は腎臓に負担をかける事が考えられます。
 

適切な調理方法

うなぎの調理にはさまざまな方法がありますが、健康を考慮した調理法を選ぶことが大切です。ここでは健康に配慮したうなぎの調理方法を詳しく解説します。
 

低カロリー調理法

スチームやオーブンでの調理方法を選び、必要最小限の油で調理する。
脂肪の吸収を抑えつつ、うなぎ本来の味を楽しむことができます。
 

タレの使用について

市販のタレは塩分や糖分が多く含まれている場合が多いので、自家製のタレを作る、または無添加・低塩分のものを選ぶべきです。適量を心がけることで、健康的な食事を維持することが何よりも重要です。
 

保存方法について

うなぎは鮮度が命ですので、購入後はすぐに調理するか、適切な方法で保存してください。未調理のうなぎは冷蔵で短期保持、冷凍する場合はラップでしっかりと包み、空気を抜いてから凍らせることが推奨されます。
 
 

まとめ

この記事では、うなぎが持つ栄養素が血圧に与える影響を中心に、その他の健康への効果や注意点を詳しく解説しました。うなぎにはビタミンA、B1、D、E、オメガ3脂肪酸などの有益な栄養素が豊富で、これらが血圧の調整や免疫力の向上、肌の健康を支えることが科学的研究によって示されています。しかし、適量を超えての摂取や誤った調理方法は健康リスクを招くため、正しい知識を持ってうなぎを楽しむことが重要です。

 
 

← 記事一覧へもどる

Copyright© 浜名湖産直マーケット All Rights Reserved.