お中元お中元

Category

電話でお問合せ平日AM10:00〜PM6:00
メールでお問合せ

雑貨

浜名湖産直マーケットTOP> 読みもの・特集一覧

【うなぎの美味しい献立】相性抜群の付け合わせ&汁物、レシピを紹介

うなぎの美味しい献立を作りたい方へ、この記事では、うなぎと相性抜群の付け合わせや汁物、おすすめのレシピについて詳しく紹介します。うなぎは食べ方や付け合わせなどによって味わいが増します。山椒やきゅうりから、和風の大葉やなす、洋風のトマトやアボカドまで、相性の良いの付け合わせは多数あります。また汁物もうなぎの旨さをひきたてます。この記事を読めば、うなぎを使った美味しい献立をチェックできますので、うなぎ料理の幅が広がること間違いなしです。
 
 

うなぎに合う付け合わせで、献立をワンランクアップ

うなぎはそれだけでもご馳走ですが、献立に副菜を加えることで、栄養バランスが整い、より美味しく、満足度の高い食事になります。ここでは、うなぎとの相性を考え抜いた、おすすめの付け合わせを、さっぱり系、こってり系など、食感の違いを楽しむものに分けてご紹介します。
 

さっぱり味が食欲をそそる。箸休めにぴったりなうなぎの副菜

まずは「うなぎの献立として相性の良いさっぱりとした副菜」について紹介します。
うなぎの濃厚な味わいを引き立て、箸休めにもなる、さっぱりとした味わいの副菜は、うなぎとの相性抜群です。
 

きゅうりとワカメの酢の物

まずはきゅうりとワカメの酢の物です。酢の物はうなぎの濃厚な脂身に対して、さっぱりとした酸味を程よく与えてくれる相性の良い副菜です。
きゅうりのシャキシャキとした食感も美味しさが増し、暑い夏の時期に夏バテ対策としてもとてもおすすめです。
 

レタスとトマトのサラダ

続いてはレタスとトマトのサラダです。
シンプルながらも、シャキシャキとしたレタスの食感と、トマトの酸味が、うなぎの濃厚な味わいと絶妙なバランスを生み出します。
 

こってり味がやみつきに。うなぎと相性抜群の副菜

こってりとした味付けの副菜は、うなぎの濃厚な旨味と調和し、互いの美味しさを引き立て合います。スタミナをつけたい時や、ご飯が進む君にぴったりの組み合わせです。
 

だし巻き卵

甘辛い味付けのだし巻き卵は、うなぎとの相性も抜群です。
卵は特にうなぎとの相性が良い食べ物となりますので、よくうなぎの付け合わせ・副菜の献立として合わせて出されることが多い料理です。
 

茶碗蒸し

続いては茶碗蒸しです。茶碗蒸しは魚介料理との相性が抜群で、よくお寿司屋でも茶碗蒸しが献立の一つとして出されることが多いです。
魚介の出汁を使用した茶碗蒸しは、うなぎとの相性が抜群でより美味しく食べることができます。
 
 

 

うなぎの献立に合う汁物で、栄養バランスも満点

うなぎ料理に汁物を添えることで、栄養バランスがさらにアップします。ここでは、うなぎとの相性が良く、簡単に作れる汁物を紹介します。
 

定番、うなぎとの相性抜群な味噌汁

味噌汁は、日本の食卓に欠かせない定番の汁物です。うなぎとの相性も抜群で、一緒に食べるとより一層美味しさが引き立ちます。味噌の風味とだしの旨味が、うなぎの濃厚な味わいを引き立ててくれます。具材には、豆腐やわかめ、ねぎなど、栄養価の高いものを選ぶようにしましょう。
 

おすすめレシピあさり汁

あさりの旨味が、うなぎの蒲焼のタレとよく合います。
 

しじみ汁

しじみは肝機能を高める効果があり、うなぎとの組み合わせは栄養面でも抜群です。
 

豆腐とわかめの味噌汁

豆腐とわかめは、うなぎに不足しがちなカルシウムを補うのに最適です。
 

上品な味わいがたまらない!お吸い物

お吸い物は、だしをベースにした上品な味わいの汁物です。うなぎとの相性も良く、特別な日の食事にもぴったりです。お吸い物の具材には、三つ葉やゆずなど、香りの良いものを選ぶと、うなぎの風味をさらに引き立ててくれます。
 

すまし汁

シンプルな味付けなので、うなぎ本来の美味しさを味わえます。
 

卵のお吸い物

ふんわりとした卵が、うなぎの濃厚な味わいとよく合います。
 

夏にぴったり!さっぱりとした冷製スープ

暑い夏には、冷たい汁物もおすすめです。うなぎの脂っこさを中和してくれるので、さっぱりと食べられます。ガスパチョやビシソワーズなど、野菜をたっぷり使った冷製スープは、栄養バランスも満点です。
 

ガスパチョ

トマトの酸味が、うなぎの脂っこさを中和してくれます。
 

ビシソワーズ

じゃがいもの冷製スープは、うなぎとの相性も抜群です。
 
うなぎに合う汁物は、定番の味噌汁から、上品なお吸い物、さっぱりとした冷製スープまで、様々な種類があります。その日の気分や好みに合わせて、色々な汁物に挑戦してみて下さい。
 
 

 

うなぎの献立作りのポイント

さてここからは「うなぎの献立作りのポイント」について簡単に解説していきたいと思います。うなぎの献立を作る際には、以下のような点を意識した料理・レシピ作りを心がけていると良いでしょう。
 

栄養バランスを考える

うなぎは栄養豊富な食材ですが、脂質やたんぱく質が多いため、野菜や海藻、きのこなど、他の栄養素をバランスよく摂ることが大切です。献立を考える際には、以下のポイントを意識しましょう。
 
栄養素と食材例
ビタミンA:ほうれん草、にんじん、春菊
ビタミンB群:豚肉、卵、牛乳
ビタミンC:ピーマン、ブロッコリー、レモン
食物繊維:ごぼう、きのこ、海藻
 
これらの食材を副菜や汁物に取り入れることで、栄養バランスが整いやすくなります
 

彩りを考える

うなぎは茶色っぽい色合いなので、赤や緑、黄などの食材を加えることで、見た目も鮮やかで食欲をそそる献立になります。例えば、以下の食材を彩りとして取り入れてみましょう。
 
赤:トマト、ミニトマト、パプリカ
緑:キュウリ、サラダ菜、ブロッコリー
黄:コーン、卵焼き、かぼちゃ
 
また、器の色や盛り付け方によっても、見た目の印象が変わります。白や青など、涼しげな色の器を使ったり、高さや向きを工夫して盛り付けたりすることで、より一層美味しそうな献立に見せることができます。
 

季節感を意識する

旬の食材を取り入れることで、季節感を感じられるだけでなく、栄養価も高くなります。夏には、きゅうりやトマトなどの夏野菜を使ったさっぱりとした副菜を、冬には、根菜類を使った温かい汁物を合わせるのがおすすめです。
 
春:菜の花、たけのこ、新玉ねぎ
夏:きゅうり、トマト、なす
秋:きのこ、さつまいも、さんま
冬:大根、白菜、ぶり
 
また、夏は冷奴や冷やしうどん、冬は鍋など、季節に合ったメニューにうなぎを組み合わせるのも良いでしょう。
 

味の変化をつける

うなぎは濃厚な味わいのため、さっぱりとした副菜や汁物を組み合わせることで、飽きずに食べ進めることができます。例えば、酢の物や和え物、漬物など、酸味や塩味を効かせたものを用意すると、良いアクセントになります。
 
酸味:酢の物、梅干し、レモン
辛味:わさび、七味唐辛子、生姜
苦味:ピーマン、ゴーヤ、春菊
 
また、食感の違う食材を組み合わせることも、味の変化を楽しむポイントです。シャキシャキとした野菜や、コリコリとしたきのこなどを加えることで、食感に心地よさがうまれます。
 

食べるシーンを考える

普段の食事と、お祝い事など特別な日の食事では、献立の内容も変わってきます。普段の食事であれば、ご飯、味噌汁、うなぎの蒲焼き、副菜一品というシンプルな構成でも十分です。一方、特別な日には、うなぎを使ったちらし寿司や、う巻き、茶碗蒸しなど、少し手の込んだ料理を加えるのも良いでしょう。
 
普段の食事:栄養バランスと手軽さを重視
特別な日の食事:見た目や豪華さを意識
 
また、子供がいる場合は、食べやすいように、うなぎを細かく刻んだり、甘辛い味付けにしたりするなどの工夫も必要です。
 
 

【簡単なのに絶品】ひつまぶしレシピ

 

 

うなぎの人気献立「ひつまぶし」

材料(2人分)
うなぎの蒲焼き:1尾
温かいご飯:茶碗2杯分
だし汁:500ml
添付のタレ
わさび:適量
刻み海苔:適量
刻みネギ:適量
 
作り方
1 うなぎの蒲焼きは温めて、一口大に切る。
3 だし汁を温める
3 丼にご飯を盛り、刻んだうなぎの蒲焼き、たれを乗せる。
4 刻み海苔、刻みネギ、わさびを添える。
5 まずは、そのままうなぎとご飯を味わう。
6 次に、薬味を加えて楽しむ。
7 最後は、だし汁をかけてお茶漬け風に。
 

ひつまぶしをお家で楽しむコツ

うなぎは発送日当日に捌いて焼き上げる「朝じめうなぎ」を選ぶことでより専門店のようなうなぎをお楽しみいただけます。薬味は、お好みで、三つ葉や山椒などを加えても風味が広がります。
ぜひご家庭でも美味しいひつまぶしを食してみてはいかがでしょうか。
 
 

うなぎの献立についてのまとめ

今回は「うなぎの献立」について紹介しました。
うなぎの献立についてのまとめうなぎの献立は、うなぎそのものの味を引き立てるのはもちろんのこと、栄養バランスや味の変化も考えて作るのがおすすめです。今回の記事では、簡単なひつまぶしレシピに加え、箸休めにぴったりな副菜や、栄養満点な汁物をご紹介しました。今回の内容を参考に、ぜひご家庭でもうなぎをおいしく楽しんでみてください。

← 記事一覧へもどる

Copyright© 浜名湖産直マーケット All Rights Reserved.